北海道観光のお知らせ

自然の奇跡「四角い太陽」湧別町・別海町

2月~3下旬頃に見られることがあります。別海町の尾岱沼白鳥台
や湧別町の竜宮展望台、道の駅おだいとうがある白鳥台や、野付
小学校前などは高台になっているので、観察がしやすい場所です。

この変形太陽は、空気の温度差によって光が屈折して起こる蜃気楼
の一種です。  「出現は厳冬期(2月頃)」と解説されることが多くあり
ますが、必ずしも厳冬期には限りません。  今回のように、気温が
急激に下がると、海水は温度低下が緩やかであるため温度差が
大きくなって条件が整い、10月頃からも見られることがあります。

別海町の尾岱沼白鳥台や湧別町の竜宮展望台、道の駅おだいとうが
ある白鳥台や、野付小学校前などは高台になっているので、観察が
しやすい場所です。

なぜ「四角い太陽は厳冬期」という情報が通説の理由は、夏期は日の
出が早いこと、霧が濃くなりやすいことなどから冬が四角い太陽を見る
条件が比較的整っているといえます。

 条件的には、水平線に雲があると太陽が隠れてしまい見ることができ
ませんが、逆に晴れすぎていても太陽が水平線から昇ったときから白っぽく
輝いてしまってよくないそうです。

また、天気図では等圧線が広いときが、好条件とのことです。

2月頃は流氷やオジロワシなど、四角い太陽以外にも見どころが増える
ため人気となっています。

この四角い太陽、おすすめの鑑賞ポイントは、野付半島や尾岱沼。

また、道の駅おだいとうがある白鳥台などは高台になっているので、観察が
しやすい場所です。

いつでも見られないためタイミングと運頼みになりますが、ぜひ鑑賞に挑戦してみては。

■日の出時刻の確認
 国立天文台天文情報センター 暦計算室で確認ができます。
 根室(北海道)を選択してください。

■おもな鑑賞ポイント

 竜宮展望台
  砂州の突端で流氷に大接オホーツク海沿いの砂州の突端にある展望台。
  冬は流氷が間近まで迫り、展望台から降りれば流氷に直接触れることができる。
【アクセス】
  住所 湧別町登栄床  
  電話 01586-5-3763(湧別町役場産業課)
  駐車場 無料駐車場あり
  アクセス 遠軽市街から車で約20分

 白鳥台
【アクセス】
  住  所 北海道野付郡別海町尾岱沼白鳥台
  問い合わせ先 別海町観光協会 0153-75-2111(別海町役場内)
  営業時間又は訪問可能期間 無休営業
  営業時間9:00-17:00
  駐 車 場 有り

taiyo.png

一覧へ戻る

お客様が登録したメールアドレスとパスワードを入力してください。

メールアドレス
パスワード

ログアウトします。よろしいですか?

パスワード再設定

お客様が登録したメールアドレスを入力してください。

パスワード再設定のメールをお送り致します。
「60分以内」に再設定をお願い致します。

セキュリティ上、メールでのパスワードの
お知らせは行っておりません。

メールアドレス

送信完了しました。

メールをご確認の上、再設定をお願いします。

予約の確認・変更・取消

お客様が登録したメールアドレスと予約番号を入力してください。

メールアドレス
予約番号