• 車を借りる時に必要なものを教えてください。
  • 利用時間の延長は借りている途中でもできますか?
  • 1ヶ月以上の長期のレンタルを希望しています。お得な...
  • 営業時間外の貸渡し・返却はできますか?

トヨタレンタリース札幌からのおしらせ

キャンピングカー体験レポート第4弾

cctm-4.png

好評企画「キャンピングカー無料モニターキャンペーン」のご利用者様より、届きました体験レポートの第4弾をご報告させて頂きます。

14-1.png

キャンピングカーを借りてきてからの積み荷、買い出しだったので、出発は13時頃になりました。 これくらいになると予想してたので、近場の仲洞爺にしました。 途中はお決まりの中山峠で揚げいもを食べ、現地に向かいました。 子供達はキャンピングカーという、いつもと違う環境にテンションはMAX!!

現地に着いて早速キャンピングカーの上の部分をあげ、そこで大はしゃぎ(≧∇≦) 湖でエビや小魚をとったり、泳いだり遊んで、よるご飯の準備。母娘は料理の準備。父息子は炭起こし。 BBQとスープを堪能して、キャンピングカーの中へ移動。 ベッドにして家族でドンじゃらで盛り上がりました!! 子供達はベッドがすごくお気に入りで、早々に就寝準備。 2階はけっこう揺れましたが、夜は雨でしたが、安心して寝れました。

翌日は雨もあがり、外で朝食を食べ、人遊びして、敷地内の温泉に入って帰りました。

夜中雨だったので、やっぱりキャンピングカーはいいな~と思いました。 子供達もキャンピングカーを満喫して、良い経験をさせてあげれました。 帰りは家族でキャンピングカーっていいね~と盛り上がりました!

でも、本当になかなか出来ない体験を家族で出来て、とても良かったです。 ありがとうございました。


14-5.png


15-1.png


今回友人と二人で、宗谷岬まで行ってきました。 ぜひ北海道にいるからには日本最北端を見てみたいという思いがあったからです。

当日、友人は仕事のために出発は夜となりました。キャンピングカーは朝8時に借りましたので、それまでの間も有効活用したいと思い、他の友人達と7人で近場を巡ってきました。7人乗りの車ですので、フル乗車でそれはそれは楽しい時間でした。冷蔵庫があることや、中が広いこと、さらに天井が上がって寝れるスペースができることに皆さん感激していました。百合が原公園、サトランド、モエレ沼公園などを探索し、夕方に帰ってきました。 そして、宗谷岬まで一緒に行く友人が仕事から帰って着て、夜6時過ぎの出発でした。あいにくのひどい雨の中の出発でしたが、「この機会を逃したら」という思いがありましたので、とにかく北に向かいました。車はとても運転しやすく、話しも色々しながら、12号線をひた進み、旭川を抜け40号線に入りました。さすがにあたりは寂しくなり、運転も疲れてきて、美深の道の駅で1泊することにしました。時間は0時を回った位だったかと思います。説明書を見ながら、ベットを作りましたが、とても簡単にできました。私は天井を上げた上の部分で休みました。静かな虫の音を聞きながらゆっくりと休めました。足を伸ばして寝れるというのは最高ですね!

翌朝5時過ぎに出発し、北を目指しました。稚内には8時くらいに着いたかと思いますが、相変わらず雨がひどかったです。宗谷岬は土砂降りで、外にも出れない位でした。とりあえず車から最北端の碑の写真を取りました。でも、「せっかくなので降りてみたい」と思っていましたら、雨が小降りになり外に出れました。その後また雨がひどくなりました。とりあえず稚内の街中を見たいと思い、行きました。新しい駅やモダンな防波堤を見て、オロロン街道でひたすら南下することになりました。あんなにすごかった天気が段々と変わり晴れ間も出てきたのは嬉しかったです。手塩で温泉に入りました。そして、羽幌にいる友人に連絡を取り、どこか美味しい所で昼食を取りたいので場所を尋ねた所、教えてもらい、一緒に食事をとれました。「羽幌丼」という海鮮丼を食べましたが、甘エビを始め、本当に美味しかったです。さらに南下を続け、夕方になっていくにつれ、夕日も見れて非常に綺麗でした。札幌の自宅には6時半頃に帰りました。 往復800キロほどの長旅でしたが、本当に楽しい旅でした。どこでも、思い立った場所で宿泊できることがキャンピングカーの魅力だと思います。  このようなキャンペーンを計画して下さり、どうもありがとうございました。


15-2.png


17-4.png

普段はテント使いのファイミリーキャンパーですが、今回初めて、キャンピングカーを利用させていただきました。

テントやマット、コットや防寒具は積み込まずに、ちょっといつもと違う身軽な感じで準備。冷蔵庫には、ビール、チュウハイ、ワイン、コーラ、ジュース(笑)息子の習い事が終わったお昼からの出発になりました。 目指すは黒松内町の歌才ルピック、ディーゼル車なので少々音は・・・(苦笑)。

普段からミニバンに乗っているので、車両感覚や運転はまったく不安なしでした。 子供達は始めてのキャンピングカーで、いつもよりテンション高め。 途中で道の駅によったり、食材をそろえたりと。 テント設営がないという気持ちの余裕から、キャンプ場にチェックインしたのが15時半を廻ってました。 いつもはテント設営があるので、もっと早くに到着するのですが・・・

タープを張って、イスやテーブルを並べて缶ビールに手をつけるまで15分もかからなかったでしょうか(笑)。いつもはたっぷり1時間はかかりますので・・・ ビールも冷蔵庫のおかげでキンキンで美味~ 時間の余裕と冷蔵庫、いいですね! 夕食まで時間もあるので、おつまみにチョリソーのスモークつくる余裕も! 子供達は、天気がいいのに秘密基地(ポップアップルーフ)にあがってカードゲーム(苦笑)

夕食は、冷蔵庫に飲み物を満たしてきたのでクーラーに余裕、大きい食材もOKだったので、鮭半身でちゃんちゃん焼きに。 あまりにおいしくて、出来上がりの写真を撮り忘れたほど(苦笑) 夜は、焚き火を囲んで、「キャンピングカー、いいね~」を連発! 子供達は、ルーフに上がってからも、しばらく笑い声! ちょっと寒くなってきたこの季節でも、車内はぬくぬく快適でした。 寝る前には、ファイターズの試合結果が気になるので、TVでスポーツニュースを(笑) ただ、寝返りで地震と勘違いした次男坊には笑えました・・・

翌朝もテント撤収がないので、とっても余裕な朝。 パーコレーターで淹れたコーヒーを飲みながらまったりと、場内のほかのキャンパーさんのサイトを眺めながら散歩したり、子供達を遊んだりと、ゆっくり過ごせました。 撤収作業も20分もかからなかったでしょうか。 本当に、楽で時間がたっぷり使えたキャンプでした! 「キャンピングカー、本当にいいな~!」


17-2.png


19-2.png

今回はキャンピングカーをお借りして、初めてのオートキャンプです。 道央道を使い苫小牧市に有る、オートリゾート苫小牧 アルテンに行きました。

我が家では軽自動車しか無く、子供には大きいワンBOXの車に乗りたいとの憧れが有る様で、たまにキャンピングカーの展示をしているイベント等に行くと興味津々で見ていました。そんな憧れの車、ましてや動く車に乗れ、また車内の冷蔵庫や流し台等を見ては、大興奮をしていました。オートキャンプ場に着き、娘は早々にテーブル出して、天井のベット(ポップアップルーフ)出して等と急かされました。雨はどうにか降らなかったものの、娘はポップアップルーフのスペースを隠れ家みたいと言って、外には出てきませんでした。家内とトランプをしたり、本を読んだりと車内で自由に遊んでいました。やはり、キャンピングカーならではの醍醐味だなと思いました。その後キャンプ場内の公園を散策夜になり雨が降り始め、普通のキャンプでは雨が降ればテントが濡れる、雨がテント内に浸み込む等の心配をしてしまいますが、今回はそんな心配も無く眠れました。大人2と子供1には十分なスペースでベットへの変更も簡単に出来、とても使い勝手の良い車でした。

札幌市を午前11時頃出発、道央道を使い苫小牧へ、オートリゾート苫小牧アルテン着 13:00頃 車内で遊んだ後、キャンプ場内の公園散策、食事はクラムチャウダー、パン、焼き鳥等、夕食後にキャンプ場内に有る、温泉へ 【持参した持ち物】タープ、コンロ、テーブル、椅子、ランタン等

19-1.png

21-3.png

まさかモニターに当選するとは思っておらずビックリ。 家族3人(小学生の息子と夫婦)で大喜びしました。すぐに大沼公園付近の流山温泉キャンプ場のオートサイトを予約。息子まで事前DVDを見ながら皆待ち遠しい毎日。

当日8時にキャンピングカーを借りに伺いました。 早朝から整備スタッフの方やフロントスタッフの皆様は、爽やかでスマートなご対応。 事前DVDのお陰で予習バッチリ。スムーズにお借りできました。 自宅に戻り、寝袋、羽毛布団、キャンピングチェア、BBQコンロ、着替えなど最小限の荷物を積み込み、最後にタープを持っていくかで悩みましたが、割りきって持たずに出発。 札幌を10時30分に出て大沼公園には14時30分頃到着。まずは食事。「じゅん菜そば」と「大沼だんご」を食べました。そしてボート(手こぎ)で壮大な大沼公園を満喫。空は秋晴れで駒ケ岳もはっきり見える最高なロケーションでした。 

流山キャンプ場に着いたのは15時30分。いつもと違いテントやタープを設置する必要がないので、炭火焼肉とチーズ、ウィンナーの燻製作りに専念。 その間、息子はキャンピングカーのポップアップルーフの中に遊び道具・寝袋(マットの代わり)・羽毛布団をセット。 シートアレンジなどが面白いらしく全然車から出て来ません。 その後、やっと食事の時間を満喫。気がつけば19時。流山温泉が20時に閉館するので、あわてて温泉へすべり込み。 お湯加減が丁度良く、特に露天風呂に癒されました。 温泉から上がると外は寒く、車内も冷えていたのでヒーターが大活躍。エンジンかけなくても軽油であったかくなることに感動。 また、照明もやわらかい色の照明とLEDの白ぽい照明がエリア別に選べるし、ポップアップルーフにも照明がついていて便利。 寝る前に夫と息子はルーフに上がって楽しそうにトランプ。あっという間に23時なので声をかけ、やっと就寝。 

翌朝は6時に起床。寝袋をシーツ代わりに敷いて羽毛布団で寝たのでぐっすり眠れました。昨日、キャンプ場をよく見てなかったので息子と散策。奥にはオブジェがあちこちにあり、さながら芸術の森。その後、出発準備を整えて10時に函館市に向かいました。 1時間ほどで到着。念願の海鮮丼と活イカ刺しを目指し、函館駅近くの朝市食堂へ一直線。30分待ってようやく海鮮丼を食べました。 あまりの旨さに夫婦で感激していると、息子は踊るイカの足を見て驚愕。でもって食べたら吸盤に吸い付かれ悲鳴。大騒ぎしながらも笑顔で完食。ヨカッタヨカッタ。 食事の後は金森倉庫にお土産を買うため立ち寄り。何やら一人の女性を囲むように集団がこちらの車の前を横切る。 その女性をよく見たら、足長っ!細っ!顔ちっちゃ!なんと、観月ありさサンでないの!! 雑誌撮影のようでした。なんだかイイことだらけだなぁ~とワイワイしながら金森倉庫を後に五稜郭公園へ。 五稜郭タワーに登る前に、これまた念願だったラッキーピエロで絶品ハンバーガーとカレーの持ち帰りを注文。 30分かかるので、先に名物のシルクアイスをその場で食べ、出来上がるまでの時間をタワーの展望台で函館市の絶景を一望しました。 その後、出来上がりを受け取ると、時間は13時45分。十分に堪能したので函館を出発し、自宅に着いたのは18時30分でした。 あっと言う間の素敵な1泊2日でしたが、こんなに格別で、すべてが上手く行ったキャンプは初めてでした。  今度はがんばって2泊3日で利用してみたいと思っちゃいました。


21-2.png

23-1.png

今回の家族旅行は、函館に決定!! 衣類・お風呂道具・寝袋・毛布・枕・ランタンなどを詰め込み朝9時に自宅を出発。 途中長万部でカニめし、森町でイカめし、大沼公園で大沼だんごを購入。函館には、夕方4時に到着。まずは金森レンガ倉庫内にてとんぼ玉作り体験。

その後ロープウェーに乗り、函館山での美しい夜景を堪能。 湯の川温泉で日帰り入浴後、函館駅西口駐車場にて車中泊。 みんなで協力しての寝床作りも、これまた楽しい♪ 翌朝は谷地頭温泉に入浴。朝食は市場での海鮮丼。いかの釣り堀でイカ釣り体験も・・・。 天気が良かったので、小型船に乗って函館港内のクルージング。ランチには、ラッキーピエロのハンバーガー。 っと、美味しいものも沢山食べて、様々な体験もして、このキャンペーンとキャンピングカーのおかげでまた1つ楽しい家族の思い出が増えました。快適で楽しい時間をありがとうございました。

23-2.png 

24-1.png

天気予報が雨の予報だったので、当初の予定を変更して、多少の雨でも楽しめそうな旭山動物園に行くことにしました。   8時半に車両を受け取り、一度自宅に戻って荷物を積み込み、10時に自宅を出発。札幌北ICより高速で旭川へ。我が家のキャンプの最大の目的は「屋外で焼肉をしながらビールを飲む!」なので、まっすぐキャンプ場へ向かい、昼夜兼用の食事をしながらビールを飲む予定でしたが、雲行きが怪しいため予定を変更して旭山動物園へ。
 
12時半には旭山動物園に到着。妻はアザラシに喜んでいたが、息子は動物よりもキャンピングカーに興味があったみたいで早く車に戻りたいと言い出した為、14時頃にはキャンプ場へと向かうことに。我が家の自家用車には付いていないナビを使用したら、ナビがないとわからないようなルートを案内され、ナビの便利さに感心しました。  15時前にはひがしかぐら森林公園オートキャンプ場に到着。チェックインするとキャンプシーズン終わり間近の平日で天候も悪いせいか、我が家以外には利用者がおらず、さびしい場内。雨も降り出していたため、外で遊ぶことも、ルーフも開けることも出来ず、息子はつまらなそうでした。 夕食は、屋外とビールは妥協できても焼肉だけは譲れないということで、旭川市内の焼肉屋へ行くことに決定。 18時半には食事を終えてキャンプ場向かいにある「森のゆ 花神楽」に到着し入浴。この日は日本ハムのCSだったので、すぐ車に戻りテレビで野球観戦をしながらビールで乾杯!野球放送終了後、シートをベットへ変更していつでも寝れる状態に。 息子はすぐに寝てしまったが、ドアを閉める時の音が大きくて息子が起きるんじゃないかと思ったので、イージークローザーが付いていると良いなと思いました。こうして1日目は終了しました。
 
翌日は7時に起床。外は寒かったけど、外部電源に接続して一晩中ヒーターを入れていたので暖かくて快適でした。 朝食後、9時にチェックアウトして再度、旭山動物園へ。ペンギンとしろくまのもぐもぐタイムを見て11時過ぎには自宅へ向けて出発。 帰りは高速を使わずに国道をのんびりとドライブしました。途中昼食をとりながら15時には自宅に到着し、走行距離約400キロのキャンピングカーの旅は終了しました。


24-2.png

体験レポートを送って頂いたお客様、本当にありがとうございました。

今後もたくさんの体験レポートの紹介を予定しております。


一覧へ戻る

お客様が登録したメールアドレスとパスワードを入力してください。

メールアドレス
パスワード

ログアウトします。よろしいですか?

パスワード再設定

お客様が登録したメールアドレスを入力してください。

パスワード再設定のメールをお送り致します。
「60分以内」に再設定をお願い致します。

セキュリティ上、メールでのパスワードの
お知らせは行っておりません。

メールアドレス

送信完了しました。

メールをご確認の上、再設定をお願いします。

予約の確認・変更・取消

お客様が登録したメールアドレスと予約番号を入力してください。

メールアドレス
予約番号