• 車を借りる時に必要なものを教えてください。
  • 利用時間の延長は借りている途中でもできますか?
  • 1ヶ月以上の長期のレンタルを希望しています。お得な...
  • 営業時間外の貸渡し・返却はできますか?

トヨタレンタリース札幌からのおしらせ

キャンピングカー体験レポート第3弾

cctm-3.png


「キャンピングカー無料モニターキャンペーン」のご利用者様より、届きました体験レポートの第3弾!


7-1.png

函館は子供が行ったことがないため選びました。 キャンプではなく観光メインのスケジュールのため、持ち物は大きめのタオルケット、洗面道具、水着、着替えなど軽装備です。

7月21日9:30頃札幌を出発
12:00八雲PA(昼食)~大沼公園
16:00谷地頭温泉~函館山~市内で夕食
20:30オートキャンプ場泊

森まで高速を利用し長い走行距離でしたが、運転席が高いので普通乗用車より運転しやすかったです。 車のサイズ感覚もすぐに慣れるので大沼公園や函館市営谷地頭温泉など混んでいる駐車場も、楽に停められます。

高速を下りてからは常に三列目にシートを敷き詰め、子供たちは寝そべりはしゃいでいました。 夕食は、地元ご用達の函館市内「居酒屋ココ」大門店。子供達は活きイカ刺しを食べようとしませんでした。

宿泊場の「白石公園はこだてオートキャンプ場」では寝袋4つ借りました。 大人サイズが3人なので少々狭く感じましたが、車内にデッドスペースがあまり無かったので寝る姿勢はまっすぐでした。

7月22日8:00頃出発
~五稜郭公園~有珠山海水浴場~虎杖浜~を観光
18:30札幌着

キャンピングカーならではと思ったのが食事時です。

函館定番「はせがわストア」やきとり弁当、「ラッキーピエロ」ハンバーガーを車内で食べましたが、普通乗用車での忙しない食事も、今回はゆっくり顔を合わせながら食べられました。

帰路の途中に海水浴や温泉も楽しめたのは、キャンピングカーで時間を有効活用できたからです。 大都市への観光にも利用できると思いました。


7-2.png


8-1.png


バタバタ用意して13時出発。 準備品はキャンプ用品一式。
但し、今回はキャンピングカーなのでテント一式不要なので身軽です。

15時到着後猛暑の車内でベットのセッティング開始、DVDによる事前勉強の成果か結構簡単。 他にはスクリーンターフ設営のみなのでいつもキャンプよりかなり楽でした。

子供たちが水遊び・虫取り(もうトンボが・・・)に飽きたころ、17時半に我が家の定番バーベキューのスタートです。 食材:焼肉・焼き鳥・フランクフルト・特製ピリ辛ホルモン・秋刀魚ほか野菜。おなかもいっぱいになり、歩いて5分の長沼温泉でさっぱりしたところで就寝。(ルーフは嫁と6歳になる次男。下に私と8歳の長男)

下で寝ているとテレビ・冷蔵庫完備なので、ちょっとコンパクトなホテルに泊まっている感じでした。ベットの寝心地は最高で、いつものテントに比べ寝坊しました。 但し車なので誰かが動けば軽い地震の様に揺れます。(そのうち慣れますよ多分)

キャンプの朝食はいつも手抜。 今回は簡単ホットドックと菓子パンで終了。

暑くなって来たので8時半から帰り支度開始。テントもないのでいつもより早く撤収完了。すでに汗だくなので、また長沼温泉でひとっ風呂浴びて帰路へ。途中マオイの丘公園で野菜を調達。そこで珍しい猿回しを見物し12時半に無事帰宅しました。

今回モニターさせて頂いたレジアスエースは走行距離も1万キロ程度で、車内の清掃も行き届いており、気持ち良く使う事が出来ました。バックモニターも装備され普段仕事でも使用している事もあり、非常に扱いやすい車です。

必要な装備も十分で文句はありませんが、バックドア側は左にシンク、右に収納棚が装備されており通路はかなり狭いです。多分キャンプ用品等の荷物はセカンドシート裏をベットにしてその上に置くことになると思います積み下ろしのスペースは結構厳しいので無理な体勢にご注意下さい。

※焼きとうきびをおいしく作る方法! 皮を剥かずそのまま直火で焼くだけです。 蒸し焼き状態でいい感じになりますよ!

8-2.png


9-4.png

8月4日 9時半自宅出発しました。
今回は、初のキャンピングカー体験と言うことで、いつものキャンプとは違い手軽にと行こう思い 寝袋とインナーマットと飲み物のみ持参しました。

札幌ICから三笠ICを利用し 昼過ぎに美瑛町に到着しました。 青い池・白金不動の滝・四季彩の丘に行きました。 昼食は、四季彩の丘の名物コロッケやカットメロン等いただき 軽めの昼食となりました。

子供の夏休みの自由研究に使おうと いろんな風景をバックに遠近法で写真を撮ってみたりアルパカと触れ合ったり楽しんできました。 次にトリックアート美術館に寄り ここでは、面白い目の錯覚を体験できました。

5時頃に富良野の富田ファームに到着し 行列のできている名物のメロンパンを見つけ食べました。 本当においしかったです。 万華の湯にて 温泉に入り夕食も済ませました。 外は雨が降り出してきました。 宿泊OKの公園駐車場に宿泊場所を決め 寝床作りを始めました。テントとは違い簡単に出来ました。 雨が降っても快適に過ごすことができるのが キャンピングカーの良いところだと実感しました。

後部の窓に網戸が付いているので 虫の侵入の心配もありません。

ルーフを上げるとかなり開放的になりました。ルーフで寝るには ちょっと硬い床だと思い親子3人並んで寝ました。 娘は高学年なのでちょっと 窮屈感がありました。 寝るまでの間 子供は寝転んでDVDを見て 車の中とは 思えない程・・・寛いで居ました。

早起きして熱気球体験をしました。 車内でコンビニで買った朝食を食べてる最中に また雨が降り出したので予定を変更し帰宅することにしました。 旭川ICを利用し 砂川ICで休憩をし札幌ICで降り 帰宅しました。

夏休みの最高な思い出が作ることができました。 大満足です。

ありがとうございました。

9-2.png


11-1.png


まず、当日は朝9時半ころ札幌を出発。手稲を通り、厚田から日本海を北上。 厚田でおいしい石窯ピザを食べ、増毛により、珍味や魚介類を購入。その後北竜町のひまわりを見物。きれいでした!

その後はまた日本海側に戻り、夕陽を見ながらのドライブ。最高の景色です。
小平町で夕食。海鮮丼、おいしかったです。苫前町の道の駅、温泉もある「ふわっと」に停車。

温泉に入り、やっとビールで乾杯し、就寝です。中は自宅のベッドと変わらない広さで、ぐっすり朝まで眠れました。まさに快適な旅。 道の駅には、同じようにキャンピングカーが並んでいました。

時間の制限もなく、決まりもなく、行きたいところまで行って、快適に眠れる車があったら...。 夢が広がります。 翌日は、昼にバーベキューをして、ゆっくり札幌に戻ってきました。

今回は快適な車のおかげで、本当に楽しい旅となりました。

将来の二人の夢として、キャンピングカー購入!夢リストに追加します。

11-2.png


12-1.png


道内のキャンプ場での1泊が、我が家の夏の恒例行事でしたが、娘も17歳になり親子のスケジュール調整さえままならず、今年は全くキャンプのことは頭にありませんでした。

でも、話は一転、キャンピングカーをお借りできるとあって「さあ!どこへ行こう?」親子3人でガイドブックを見て検討!! 場所は、ニセコのサヒナキャンプ場。途中、立ち寄るポイント(チーズ、ベイグル、ソーセージetc.)もチエック!!

当日は、天気にも恵まれ、渋滞もなくスムーズに目的地に到着。

就寝用のテントを張る手間もなく、夕食の支度。
何といっても冷蔵庫がありがたい。 新鮮なままの食材で大満足。

娘は長身のため、きゅうくつかと思っていたポップアップルーフも、余裕のスペースでした。親子3人であれば、十分の空間です。 しかし、夜中の蒸し暑さで翌日、若干の疲れ?! 就寝中もエアコンが使えれば最高ですね。

キャンピングカーをうまく使いこなすことで、億劫だったアウトドアもまだまだ楽しめると実感しました。


12-2.png

体験レポートを送って頂いたお客様、本当にありがとうございました。

今後もたくさんの体験レポートの紹介を予定しております。



一覧へ戻る

お客様が登録したメールアドレスとパスワードを入力してください。

メールアドレス
パスワード

ログアウトします。よろしいですか?

パスワード再設定

お客様が登録したメールアドレスを入力してください。

パスワード再設定のメールをお送り致します。
「60分以内」に再設定をお願い致します。

セキュリティ上、メールでのパスワードの
お知らせは行っておりません。

メールアドレス

送信完了しました。

メールをご確認の上、再設定をお願いします。

予約の確認・変更・取消

お客様が登録したメールアドレスと予約番号を入力してください。

メールアドレス
予約番号