基本的な仕組み

営業店舗について

トヨタレンタリース札幌は道央圏を中心に26店舗を展開しております。
出発店舗以外の店舗に返却するワンウェイシステムもご利用になれます。
(一部ワンウェイシステムがご利用になれない店舗・車種もございますので、予めご了承下さい。)

営業時間について

朝8:00から夜8:00までの営業です。
(上記以外の営業時間の店舗もありますので、お問い合わせください。)

最寄りの店舗を検索

料金について

料金のお支払い

ご出発時に、ご利用予定時間・特別装備等に基づいて予定料金を申し受け、返却時に実際の料金との過不足を精算させていただきます。なお、ご連絡なく返却時間を超過した場合には、所定の違約金を申し受けますのでご了承ください。

貸渡条件およびお支払い方法について

トヨタレンタリース札幌では、貸渡条件を下記のとおりとさせていただきます。

HV3・HV4・P4・P5・SP1クラスご利用の場合

クレジットカードでお支払い

HV3・HV4・P4・P5・SP1クラス以外をご利用の場合

クレジットカード・現金にてお支払いいただけます。

現金でお支払いの場合

以下の(1)、(2)のいずれかを確認させていただきます。
(1) お持ちのクレジットカードの有効性。
(2) 現住所もしくは本人を確認できる書類をご提示。
現住所・本人確認書類(以下のいずれか)

  • 公共料金(電気・ガス・水道・NTT固定電話・NHK)領収書(※)
  • 社会保険料領収書(※)
  • 国税・地方税領収書(※)
  • 納税証明書(※)
  • 住民票(※)
  • 印鑑証明(※)
  • 健康保険証
  • 年金手帳
  • 住民基本台帳カード(氏名・生年月日・住所の記載があるもの)
  • パスポート
  • 特別永住者証明書または在留カード
  • 社員証・学生証(顔写真付のもの)
  • レンタカー会員カード(FDC TS CUBIC CARD(法人)、TRBMカード、BCC)

(※)印は、発行2ヶ月以内のものに限ります。

ガソリン料金

ガソリン(または軽油)は満タンで貸出しますので、ご返却時に満タンにしてお返しください。
なお、満タンでお返しいただけなかった場合は、実走行キロ数に応じた所定のキロ換算料金によりご精算させていただきます。

HVクラスでは、とってもお得な「ハイブリッド燃費精算(※)」にてご精算させていただきます。

※ハイブリッド燃費精算とは
フロントメーターパネルに表示される「平均燃費」を活用して、燃費精算を実施します。
「精算金額」=走行距離÷平均燃費×燃料単価

ワンウェイシステム(乗捨)料金

出発エリア外の店舗に返却される場合、ワンウェイ(乗捨)料金を申し受けます。

※一部車種、営業店舗ではワンウェイシステムをご利用できない場合があります。

オプション・その他料金

4WD、チャイルドシート等のオプション(特別装備)、および配車・引取手数料等の料金は、別途申し受けます。

※ペットをご同乗される場合は、対象車種・専用シートのご利用などの条件がございますので、「ペット同乗サービスについて」のページをご確認いただくか、トヨタレンタカー予約センターまたは店舗までご相談ください。

ご予約について

予約

ご予約の際は、原則として所定の予約申込金を申し受けますが、これは、ご利用金の一部に充当させていただきます。

予約の変更・取消

ご予約の変更・取消はお早めにご連絡ください。なお、ご予約を取消された場合は所定の予約取消手数料を申し受けます。なお予定乗車時間を1時間過ぎてもご連絡のない場合は、予約の取消とみなしますのでご了承ください。

予約取消手数料
乗用車・ワゴン・SUV・バン・トラック マイクロバス
乗車日の7日前 無料 乗車日の10日前 無料
乗車日の6~3日 予定基本料金の20% 乗車日の9~3日前 予定基本料金の20%
乗車日の2日前及び前日 予定基本料金の30% 乗車日の2日前及び前日 予定基本料金の30%
乗車日及び乗車日を
過ぎた場合
予定基本料金の50% 乗車日及び乗車日を
過ぎた場合
予定基本料金の50%

※予約取消手数料は上限6,480円(税抜6,000円) [バスのみ上限12,960円(税抜12,000円)]/()内は税抜価格

トラック・バスをご利用のお客様へ

平成29年3月12日より、準中型免許が新設されたことに伴い、トラック・バスをご利用のお客様は以下の免許区分と運転可能な車両クラスをご確認の上、ご予約くださいますようお願いいたします。

運転可能なクラス 普通 準中型(5t限定) 準中型 中型(8t限定) 中型・大型
平成29年3月11日以前に交付 HV・P・W・SUV・V
T0~T2
T3(アルミ箱型)
- - HV・P・W・SUV・V
T0~T8
HV・P・W・SUV・V
T0~T8・BUS2
平成29年3月12日以降に交付 HV・P・W・SUV・V
T0~T1
T2(1.25t積載)
HV・P・W・SUV・V
T0~T2
T3(アルミ箱型)
HV・P・W・SUV・V
T0~T5
出発前に

貸渡契約書を作成いたします。内容に疑問な点があれば、お気軽に店舗スタッフにお尋ねください。
よろしければ、サインをいただきます。キズ・ヘコミの有無を店舗スタッフと一緒にご確認ください。
シート・ミラーの調整、シートベルトの着用をお忘れなく。

返却時

レンタカーは燃料満タン返しが原則です。返却前に最寄りのガソリンスタンドで給油してください(給油できなかった場合は、走行距離に応じて所定の燃料代を申し受けます)。
店舗に到着されましたら、店舗スタッフがキズの有無をチェックした後、超過時間等の料金精算をします。
車内にお忘れ物のないようにお気を付けください。

中途解約について

お客様のご都合によりレンタカーを途中で返却される場合、事前に帰着予定店舗にご連絡いただき、承諾をお受けください。未利用期間の料金はお返ししますが、別途中途解約手数料をお支払いいただきます。
詳しくは〈レンタカー貸渡約款〉 第31条(同意解約)をご確認ください。

国際運転免許証で日本国内を運転する場合

外国の免許をお持ちの方が、日本で運転する際には「国際免許証」が必要です。
次のいずれかの免許証を所持している必要があります。

通常の国内運転免許証(日本国内在住者)
国際運転免許証(ジュネーブ条約加盟国がジュネーブ条約に基づき発行された型式のもの)
外国運転免許証(スイス、ドイツ、フランス、台湾、ベルギー、スロベニア、モナコ)

トヨタレンタカーの保険・補償制度

トヨタレンタカーは安心の保険・補償制度でお客様をサポートします。基本の補償に保険の自己負担額のお支払いを免除した免責補償制度と、さらにノンオペレーションチャージ(NOC)のお支払い免除を加えたトヨタレンタカー安心Wプランをご用意しています。

万一事故の場合でも、下記の限度額の範囲で保険金が給付されます。

レンタカー料金に含まれる保険・補償
対人補償 1名につき無制限(自賠責保険の補償額を含む)
対物補償 1事故につき無制限 [自己負担額(免責額)5万円]
車両補償 1事故につき車両時価額まで [自己負担額(免責額)5万円/但しバス・大型貨物車10万円]
人身障害補償 1名につき3,000万円まで ※1

※1: 搭乗者の自動車事故によるケガ(死亡・後遺症障害を含む)につき、運転者の過失割合に関らず、損害額を保証いたします(限度3,000万円:損害額は保険約款に定める基準に従い算出されます)。 ※上記自己負担額および補償限度額を超える損害はお客様のご負担となります。
※保険約款の保険金をお支払できない事由に該当する事故の場合、補償されません。また警察の事故証明のない場合、補償されない場合もございます。

保険・補償制度が適用されない例

  • 事故を警察に届けなかった場合(事故証明がない場合)
  • 出発時にお申し出いただいた方以外の方が運転して起こした事故
  • 無免許運転による事故
  • 酒気帯び運転による事故
  • 借受期間を事前の連絡なく延滞して使用された場合の事故
  • その他トヨタレンタリース貸渡約款に掲げる事項に違反があった場合など
  • 例)キーを車内に放置していて盗難にあった場合

自己負担額(免責額)について

自己負担額(免責額)とは、対物補償、車両補償のうちお客様にご負担いただく金額のことです。

対物補償 自己負担額(免責額)50,000円
車両補償 自己負担額(免責額)50,000円 ※バス・大型車両は10万円

損傷タイヤの修理・交換時のご留意事項について

  • スペアタイヤへの交換作業については、指定損害保険会社のロードサービスをご利用いただくか、お客様自身でお願いいたします。
  • スペアタイヤを装備していない車両がパンクした際は、車載パンク修理キットを使用せず損害保険会社のロードサービスへご依頼ください。ロードサービスで最寄りの修理工場等へ搬送いたします。(損害保険会社のロードサービス指定条件内であれば無料)
  • やむを得ず車載パンク修理キットでパンクの応急処置を行う場合、その車載パンク修理キット費用はお客様のご負担となります。
  • 破損したタイヤの修理代、タイヤ交換が必要な場合の新しいタイヤ代と工賃、紛失されたホイールキャップ代はお客様のご負担となります。ホイールが損傷した場合はノンオペレーションチャージの対象となります。
  • 新しいタイヤに交換する際、出発店舗への事前連絡をお願いいたします。原則破損したタイヤと同等のものに交換頂きます。

営業補償制度(ノンオペレーションチャージ)について

ノンオペレーションチャージ(NOC)とは、万一、事故・盗難・故障・汚損等を起こし、車両の修理・清掃等が必要となった場合、その期間中の営業補償として下記金額をご負担いただきます。(保険保証の自己負担額とは異なりますのでご注意ください。)

自走可能で予定の店舗に返却された場合 20,000円 (不課税)
自走不可能で予定の店舗に返却されなかった場合 50,000円 (不課税)

※走行可能でも店舗に返却されなかった場合(路上放置等)は50,000円を申し受けます。

免責保障制度について

この制度にご加入されますと、保険が適用される事故の場合、上記自己負担額(対物補償5万円、車両補償5万円、但し、バス・大型貨物車は10万円)のお支払いが免除されます。

免責補償料 1,080円(税抜1,000円)/24時間まで

※1・2ナンバー車は2,160円(税抜2,000円)

免責補償制度

【免責とは?】

万一、事故を起こされた場合、保険会社によって保険金が支払われますが、
保険では補償されない部分が“自己負担額”です。事故の際、この自己負担額をカバーするのが免責補償制度です。

トヨタレンタカー安心Wプランについて

このプランに加入されますと、自己負担額(免責額)の免除に加え、ノンオペレーションチャージ(NOC)のお支払いが免除されます。(損傷タイヤの修理・交換代、ホイールキャップ紛失時の実費ご負担分の補償を含む。)

加入料 1,620円(税抜1,500円)/24時間まで

※1・2ナンバー車は2,700円(税抜2,500円)

ご留意事項

  • 新しいタイヤに交換する際、出発店舗への事前連絡をお願いいたします。原則破損したタイヤと同等のものに交換頂きます。(それを超える場合はお客様の負担となります)
  • お客様にタイヤ修理代またはタイヤ購入代を一旦お立て替えいただく場合がございます。その際は、返却時に店舗にて領収書と引き換えにご精算いたします。

道路交通法改正に伴う違法駐車の取締りについて

違法駐車の取締りが厳しくなりました。違法駐車をしないようご注意ください。

  • 短時間でも放置車両の確認標章が貼られます。
  • 民間の業者が確認標章貼付を請け負います。
ご利用期間中に放置車両の確認標章が貼付された場合
出頭→返却時

※警察からトヨタレンタリース札幌に連絡が入った際には、お客様へご連絡いたします。

違反処理をしていただけなかった場合

警察、公安委員会及びレンタカー協会に報告すると共に、全国のトヨタレンタリース店並びにレンタカー協会加盟店各社での今後のレンタカー貸渡をお断りいたしますので、ご了承ください。

※レンタカーご返却までに、違法駐車の違反処理をして頂けなかった場合は、当社が別に定める駐車違反金「普通車:25,000円、中・大型車:30,000円」をご負担頂きます。

標記関連事項については、〈トヨタレンタリース貸渡約款〉第17条・第23条に記載

ペースメーカー等をご利用のお客様について

埋込型心臓ペースメーカーまたは埋込型除細動器(以下「ペースメーカー等」)をご使用のお客様(ご同乗の場合を含む)が、スマートエントリー装着車をご利用の場合、ペースメーカー等に影響する可能性がありますので、ご予約の際は予約センターにご相談ください。

お客様が登録したメールアドレスとパスワードを入力してください。

メールアドレス
パスワード

ログアウトします。よろしいですか?

パスワード再設定

お客様が登録したメールアドレスを入力してください。

パスワード再設定のメールをお送り致します。
「60分以内」に再設定をお願い致します。

セキュリティ上、メールでのパスワードの
お知らせは行っておりません。

メールアドレス

送信完了しました。

メールをご確認の上、再設定をお願いします。

予約の確認・変更・取消

お客様が登録したメールアドレスと予約番号を入力してください。

メールアドレス
予約番号